生コラーゲンで目元の小ジワ対策をしっかりと!

生コラーゲンで目元の小ジワ対策をしっかりと!

顔のパーツの中でも小ジワが発生しやすいのは目元です!

皮膚が薄いためにシワが起こりやすく、加齢や表情による影響も受けやすい場所です。
顔という視線を集めやすい場所という事もあり、シワが目立ってしまう為、念入りに対策をしたいと思う女性は多い場所でもあるかと思われます。

そんな時に有効なのが生コラーゲンです!

生コラーゲンでピンとハリのある肌を復活させましょう!!

ハリのある肌を目指すなら生コラーゲンで潤いを!

シワ対策に生コラーゲン
コラーゲンというのはタンパク質の一種で、体のあらゆる部分に使われています。
体を柔軟に保つのにも必要であり、爪や頭皮などにも存在して健全性が維持されています。

そして顔の皮膚にも存在し、ハリのある肌のためにも欠かせない存在です。

ところが加齢や生活習慣、ストレスなどの影響でコラーゲンが減少するという特性があります。

コラーゲンが減少することによって、肌の弾力(ハリ)は徐々に失われていきます。

それにより、目尻のシワも目立ちやすくなってしまいます。

コラーゲンが不足した肌は脅威的速さで顔の老化が進んでしまいます!

スポンサーリンク

ただのコラーゲンでは小ジワ解消には繋がらない

ただのコラーゲンでは本当の潤いは手に入らない
顔の小ジワ対策として行われているのがコラーゲンが含まれた化粧品を使うことでしょう。

コラーゲンの不足分を補うことで肌を回復させ、若々しい肌を取り戻そうというのがシワに困っている人の一般的なスキンケア方法です。

ただ、普通のコラーゲンを摂取するだけで小ジワを無くす事は難しいです。

一般的に販売されている基礎化粧品に含有されているコラーゲンは、肌に有用な状態を維持できていないのが理由として挙げられます。

その原因は化粧品を製造する際の加熱処理です。

コラーゲンは熱によって変質しやすい特性を持っています。
加熱処理によって肌内部にあるコラーゲンの構造とは別の構造となってしまうので、肌との親和性も下がり効果が低くなってしまうのです。

勿論全く効果がないといったことは無く、一定の保湿効果には期待ができる場合もあるものの、小ジワを改善するほどの優れた働きはありません。表面的な作用にとどまり根本から肌にハリを戻すことは難しいです。

生コラーゲン入り化粧品が肌には理想的

生コラーゲン入り化粧品
生コラーゲンは肌内部にあるコラーゲンと同じ構造が保たれているという特徴があります。

肌内部にあるコラーゲンと同じ構造を維持しており、肌の水分をしっかり保持してくれ、非常に高い保湿効果を持っています。

シワの原因になりやすい乾燥への対策として有効であり、肌の内側からピンとしたハリを取り戻すために役立ってくれるのです。

ただ、生コラーゲンをうまく活用するための注意点を守らないと効果を得にくくなります。

小ジワの改善はハードルが高く、正しい小ジワ対策を行わない限り改善されることはありません。

生コラーゲンは肌美人への一歩

美肌への第一歩
あくまでも生コラーゲンは保湿成分のひとつでしかないという認識を持っておく事も大事です。

生コラーゲン単体で肌を構成しているわけではないので、シワのない肌を目指すなら生コラーゲンは基本中の基本であり、初めの一歩にすぎません

肌にはその他にも、ビタミンエラスチンヒアルロン酸セラミドなどの成分も必要不可欠で、これらも併せてスキンケアに取り入れないと上手く肌の改善はできません。

まずは生コラーゲン!そして総合的なスキンケアへ!!

生コラーゲンの保管は慎重に

生コラーゲン化粧品は冷蔵庫で保存
生コラーゲン入りコスメの保管には注意が必要です。

生コラーゲンはデリケートで壊れやすい成分ですので、管理が良くないと本来の効果を発揮できなくなってしまいます。

太陽光が当たる所で保管してしまうと、熱で構造が破壊されてしまい、ただのコラーゲン入りのコスメと同等クラスの効果にまで落ち込む可能性があります。

使用後は速やかに冷蔵庫で保管しましょう。

食生活を整え身体の内側からのケアも重要

食事
生コラーゲンがいかに肌との親和性が高く、浸透しやすいといっても限界があります。
分子サイズの影響もあるため、表面的な保湿に留まってしまうのです。

小ジワと言えども身体の内側からもケアをしないと、ハリのある健康的な肌を取り戻すことは難しいです。

食生活を整えたり生活習慣を改めるといった心掛けも必要不可欠です。

健康的な食生活で内面を整え、外から生コラーゲンでお肌の小ジワを撃退しましょう!

投稿日:2018年1月30日

KEYWORDこの記事に関連付いているキーワード

  • Sponsored Link

  • Sponsored Link

おすすめの記事

KEYWORD注目のキーワード