ギャバの効果でストレス改善!?ギャバの成分とその効果とは

近年注目を集めている、ギャバ。

コンビニなどでも、ギャバ入りのチョコレートやサプリメントを見かける機会も増えましたね。
このギャバ、なんと、ストレス解消に役立つという驚くべき効果で話題になっているんです。

今回は、ギャバの成分と効果について、徹底的に紹介したいと思います。

そもそもギャバってどんな成分なの?

gabaとは
GABA(ギャバ)とは、γ-アミノ酪酸(Gamma Amino Butyric Acid)の略称で、天然アミノ酸の一種です。

わたしたちヒトや哺乳動物の脳や脊髄などには、もともと多くのギャバが存在しており、
抑制性の神経伝達物質」として働いています。

抑制性とは、興奮を抑え、リラックスを促してくれるということ。
そのため、ギャバが不足してしまうと、リラックスできない状態が続いてしまい、結果ストレスに繋がってしまいます。

現在人は強いストレスによるギャバの使い過ぎや、栄養不足などの影響でギャバが不足しがち。
知らず知らずのうちに、余計にストレスを感じやすい状態になってしまっていたんですね。

スポンサーリンク

ギャバの驚くべき効果とは

ギャバの驚くべき効果
では、ギャバがもたらす効果について詳しくご紹介します。

リラックス・ストレス軽減効果

さきほどもご紹介したように、抑制作用のあるギャバは、興奮を抑え、リラックスを促します。

脳は、ストレスを感じると緊張状態になり、神経が高ぶります。
この状態が続くと、自律神経のバランスが崩れ、不眠や高血圧・胃への負担による胃潰瘍など、さまざまな悪影響がでてきます。

このようなストレスからくる症状を、ギャバのリラックス効果によって予防できます。
ストレス社会といわれる現代、ギャバを効果的にとりいれていきたいですね。

血圧を下げる効果

ギャバには、腎臓の働きを高め、血圧上昇の原因となるナトリウムを排出する効果があります。

しかもこの効果、高血圧の場合にのみ作用し、血圧を正常にするので低血圧症になってしまう心配もありません。

コレステロールと中性脂肪を抑制する効果

ギャバは、腎臓だけでなく、肝臓などの働きも活発にします。

活発になった内臓は、余分な脂質の代謝を促し、過剰なコレステロールや中性脂肪の生成を抑制してくれるため、肥満や糖尿病、その他生活習慣病の予防に効果があるとされています。

また、肝臓が活発になることで、アルコールの分解力が高まるという効果も!
ギャバは、日々を健康に過ごすために、とても有効な成分なんですね。

脳の活性化効果

脳の細胞は、日々のストレスにより少しずつ破壊されています。

ギャバには、ストレス改善効果があり、脳細胞の破壊を防ぎ、脳内の血流を活性化させます。
それにより記憶力や学習能力、アルツハイマー病の予防や改善にも効果があるとされています。

ギャバはどこから摂取できる?

ストレス改善、安眠対策、高血圧など、さまざまな場面で効果を発揮するギャバ。
実は、わたしたちの身近な食べ物にも含まれているんです。

発芽玄米

発芽玄米
玄米が発芽することによって酵素が活性化し、栄養価も格段にアップするのですが、実は、このとき、ギャバの量も大幅に増加しています。
普通の玄米と比べると2~3倍、白米と比べると、なんと10倍ものギャバが含まれています!

普段のご飯を、発芽玄米に切り替えてみるのもいいですね。

発酵食品

発酵食品
日本人の食卓に欠かせない、お漬物や梅干し、納豆。ここにもギャバが含まれています。

発酵食品の乳酸菌は、たんぱく質をアミノ酸に変化させ、そこからギャバを生み出します。
韓国の代表的な漬物・キムチには、動物性たんぱく質も入っているため、特にギャバの量が多いとされています。

トマト、じゃがいも

トマトとジャガイモ
野菜の中で特にギャバの含有量が多いのが、トマトとじゃがいも
ギャバは熱に強く、加熱調理しても含有量はほとんど変わらないのも、嬉しいポイントです。

サプリメントやギャバ入り食品

ギャバ入りチョコ
今や、ギャバ含有のサプリメントやお菓子なども多く販売されています。
これらから手軽に取り入れるのもいいでしょう。

ただし、お菓子は食べすぎ注意!糖分や脂肪分の摂りすぎは、せっかくの効果も台無しになってしまいますよ。

ギャバは摂りすぎてもだめ? 効果的な摂取をしよう!

ギャバの摂り過ぎには注意
ギャバの適切な摂取量は、1日に10~30mgです。
過度なストレスを感じていて、神経が高ぶっている事が自分で分かるレベルの方は、
1日50~100mgを目安に摂取しましょう。

食品100g中のギャバ含有量

  • トマト・・・62.6mg
  • じゃがいも・・・28.9mg
  • 発芽玄米・・・10mg
  • 納豆・・・6.4mg
  • ぬか漬け・・・100mg
  • チョコレート・・・9mg

トマト1個で、約120~150mgの十分な量のギャバを摂取できます。

ただし、摂りすぎは禁物です。1日の摂取量が1,000mg以上になると、動悸や息切れなどの症状が現れることもあります。
そのほか、通院されている方や薬を飲んでいる方は、摂取量について、医師や薬剤師に相談をしてください。

日々の生活にバランスよくギャバを摂り入れ、健康な生活を実現しましょう!

投稿日:2018年2月17日

KEYWORDこの記事に関連付いているキーワード

  • Sponsored Link

  • Sponsored Link

おすすめの記事

KEYWORD注目のキーワード